開業祝い 胡蝶蘭 のおすすめ人気で探す(相場・マナー) | HANAMARO(はなまろ)

開業祝い 胡蝶蘭

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際に失礼にならない知識とマナー

友人や知人、取引先の独立などのタイミングで贈る開業祝い。祝いたい気持ちばかりが膨らんで、実際に贈り物を選ぶときに悩んでしまうことは多いのでは?

そんなお悩みを抱えた方のために、開業祝いのマナーや相場など、失礼にならず相手に喜んでもらうための基礎知識をご紹介します。

    開業祝いとは

    「開業祝い」とはその言葉の通り、友人や知人、取引先の新しい挑戦をお祝いすることです。「開業する」ということは、その人にとって、とても大きなチャレンジであるのは誰にでもわかることでしょう。

    成功への期待に胸を膨らませ、開業のために準備を重ね、待ちに待った開業のその日を一緒にお祝いするために贈り物をしましょう。喜ばれること間違いありません!

    開業祝いを贈る2つのメリット

    開業祝いは相手の印象を良くできるチャンス

    お祝いされた嫌な気持ちになる人はいませんよね?また、相手に何かをされたら「いつかお返しをしなければ」という気持ちにもなるでしょう。これを心理学では返報性の原理といい、こうしたお祝いを贈ることは、少しいやらしい言い方になりますが「ちょっとした恩を売る」ことになっているのです。

    開業祝いは自社(自店)の宣伝にもなる

    贈り物をすれば、のしや木札などに自分や自社の名前を書いて贈るのがマナーになっています。そして、胡蝶蘭のような木札の突くお祝い品は、オフィスの受付など来客の目に触れる場所に飾られるのが普通です。
    つまりお祝いされた方だけでなく、その相手を訪れた来客にも誰から開業祝いが届いたのかわかるので、自社の宣伝にもつながるのです。

    胡蝶蘭をお祝いに贈る理由

    胡蝶蘭(コチョウラン)がお祝いでよく贈られる理由はなんだと思いますか?胡蝶蘭は日常でよくみるお花とは言えないかもしれませんが、ビジネスシーンではとりわけよく選ばれているお花です。
    開店したばかりの飲食店やできたばかりの病院の前に飾られているのを見たことがある方は少なくないでしょう。ここでは、「なぜ胡蝶蘭が開業祝いで選ばれる」理由を紹介します。

    胡蝶蘭の花言葉は縁起がいい

    お花を誰かに贈るときに、花の形や色の他に花言葉も重要視されます。胡蝶蘭はその花言葉の縁起が良く、贈り物として重宝されています。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」の2つです。色によって別に花言葉を持っていますが、全ての色に共通なのが、これらの花言葉です。

    開業祝いのシーンでは「幸福が飛んでくる」という花言葉が特に重視されるのはわかりますよね?経営がうまく行くように幸運が会社に幸運がやってきますように、という祈りの気持ちを込めることができます。花言葉は「知る人のみぞ知るもの」ではありますが、さりげなく気持ちを伝えられる方法として、胡蝶蘭が開業祝いで選ばれるのに一役買っています。

    見た目が豪華

    一列に並んだ大きな花びらを持った胡蝶蘭は、他の花とは一味違う迫力があります。一つひとつの花の豪華さもさることながら、3本立ち(○本立ちとは、茎の本数を表します)や5本立ち、大きなものだと7本立ちのものまであり、全体で35~55輪の花が集まった様子は圧巻です。

    開業祝いに限らず、誰かに贈り物をするときはできるだけ見た目が豪華なものがいいですよね?できれば価格は抑えて、でも品質が良くて、高級に見られる物を送りたいというのが正直なところですよね? 加えて、普段はあまり見かけないお花であるがゆえに特別感もあります。こういった豪華さ、高級感、特別感から胡蝶蘭は選ばれていると言えるでしょう。

    花が長持ちしやすい

    胡蝶蘭は他のお花に比べて長持ちします。お手入れを正しい方法ですれば1ヶ月から最大3ヶ月はお花が綺麗に咲き続けます。贈答用の高級なお花というイメージから、「お手入れが大変そう」「すぐお花が枯れてしまいそう」と思われるかもしれませんが、本当は真逆です。お手入れも比較的簡単ですし、お花は長持ちさせやすいです。

    例えば水やりの頻度について「毎日お水をあげないといけないんでしょ?」と思われる方がいるかもしれません。いいえ、毎日あげる必要はありません。むしろ絶対に毎日はお水をあげないでください!水やりの頻度はもちろん季節や胡蝶蘭を置いている場所の環境によって変わりますが、夏は10日程度に1回、秋〜冬は3週間に1回で問題ありません。

    水を上げるのは胡蝶蘭が植わっている水苔(ミズゴケ)がしっかり乾いてからです。頻繁にお水をあげすぎると、根が腐ってしまって、お花が枯れるのも早まってしまいます。
    お花を長持ちさせるためにお世話を頑張って、枯れないように水やりを毎日していた人の胡蝶蘭が真っ先に枯れてしまうというのは、実際にあるとても皮肉な話なんです。長持ちさせたいなら、正しいお手入れ方法を知ることが大切ですよ!

    せっかくお祝いでお花を贈ってもすぐに枯れてしまっては意味がありません。長く飾ってもらって意味があるものです。胡蝶蘭は長持ちするお花ではありますが、品質がお花の寿命をかなり左右します。高品質な胡蝶蘭を贈れるように、お花選びも重要になります。

    花粉が飛びにくい

    昨今、花粉症患者数は昔に比べ増えてきていると言われていますよね。贈り先に花粉症の人がいることも考えられます。せっかく豪華絢爛なお花が贈られてきても、花粉で花がムズムズ…なんて素直に喜べませんよね。でも胡蝶蘭なら花粉症を心配する必要はありません。なぜなら花粉が飛びにくいからです。

    お花をよーく見るとなぜ花粉が飛びにくいのかはすぐにわかります。そもそも花粉はお花のめしべの先についているものです。しかし、胡蝶蘭のお花を見ても、めしべらしき細長い器官は見当たりません。そうなんです、胡蝶蘭のめしべには被せ物のようなものがついているため、外からは見えず、花粉が飛びにくくなっています。
    贈り先を花粉だらけにしない胡蝶蘭が選ばれるというのは現代らしい理由と言えるかもしれませんね。

    香りが少ない

    花粉が飛びにくいことに加えて、胡蝶蘭は香りが少ないという特徴があります。お花はいい匂いのものが多いですが、その匂いも強すぎると不快に感じる人もいます。
    何事も度を超えてしまうといけません。企業では問題にならなくても、飲食店や病院の場合、強い匂いは敬遠されます。その点、胡蝶蘭はもともとの香りがほぼないため、その心配は無用です。

    一年中生産されている

    開業祝いを贈る季節は時期を問わず、年中ありますよね。胡蝶蘭は年中生産されているため、暑い夏でも寒い冬でも手に入ります。いつでも安定して手に入るということが重要です。
    開業祝いでは特別に季節性を重要視する必要はありません。こういったことからも、いつでも手に入る、安心感のある胡蝶蘭は好まれています。

    定番の贈り物で無難である

    胡蝶蘭は今やビジネスシーンでのお祝い事にはなくてはならないものになっています。せっかくの贈り物をしたのに、マナーに反してしまい、失礼にあたるようなことをしてしまっては元も子もありません。
    胡蝶蘭は価格帯的にも、上品さ的にも何の問題もない贈り物です。マナー違反を懸念する必要はありません。「これを贈っておけば間違いない」という安心感も多くの人に開業祝いとして、胡蝶蘭が選ばれている理由の1つであることは疑うところがありません。

    胡蝶蘭で人気の種類

    企業間のお付き合いでは大きくて優雅な「大輪(タイリン)」の胡蝶蘭が贈られることがほとんどです。そのため、「胡蝶蘭は大きなお花」というイメージが多くの人にあると思います。しかし、実際には小さな胡蝶蘭もあるんです。

    個人的に友人や知人の開業をお祝いするときに、「大きな胡蝶蘭」を贈るのは大袈裟すぎると思う方には、ミディやマイクロと呼ばれる胡蝶蘭がオススメです。胡蝶蘭の優雅さや上品さを保ちながらも、サイズは大輪よりもかなり小さく、非常に贈りやすいです。
    ここでは、あなたが知らなかった(かもしれない)胡蝶蘭の種類についてご紹介します。

    大輪

    胡蝶蘭といって大半の方が思い浮かべるのは、この『大輪』の胡蝶蘭だと思います。高さは1m程度あり、飾るとかなり迫力があり、1つ1つの花の大きさもかなり大きいです。その分、高級感や豪華さがあるのが大輪を贈るメリットであるといえます。

    デメリットといえば、値段がそれなりにすることやサイズが大き過ぎて置き場所に困ることが考えられます。胡蝶蘭を贈るときには、贈り先の置くスペースへの配慮も大切です。大きい物を贈れば必ず喜んでもらえるわけではないということは、胡蝶蘭を贈るときに気をつけるポイントの1つです。
    とは言っても、大きくと荘厳な胡蝶蘭は贈られれば嬉しいもの。しっかりと贈り先への配慮も忘れなければ、最高の開業祝いになること請け合いです。

    ミディ

    胡蝶蘭といえば「大きなお花」というイメージがあるかと思いますが、小さい胡蝶蘭もあるんです。ミディは大輪よりかなり小さく、マイクロよりも少し大きい、中間のサイズの胡蝶蘭です。高さとしては50~70cmほどのものが多いです。

    ミディは企業間の贈答というよりも、個人の贈り物としてよく出回っています。仲良くしている友人や知人に個人的に開業祝いを贈るときには、このミディを贈ってもいいいかもしれません。

    マイクロ

    マイクロはミディよりもさらに小さい胡蝶蘭です。お花のサイズは500円玉よりも少し大きいくらいのサイズで、大輪の雄大さとは打って変わって、可愛らしさが強い種類です。

    ミディと同様に企業間の贈答用というよりは個人の贈り物としての色が強い種類です。開業祝いとして送るのであれば、「何かお祝いで贈り物をしたいけど、場所を取るものを贈っても相手に申し訳ない」という場合に、ピッタリなのが、このマイクロです。



    価格は大輪と比べるとかなりお手頃で贈りやすく、テーブルのアクセントとしても使えるほどの大きさなので、置き場所にも困りません。お花は小さくて可愛らしく、フェミニンな雰囲気を持っているマイクロも開業祝いとしてふさわしい胡蝶蘭です。

    取引先の開業を祝う場合

    取引先に贈る胡蝶蘭の金額相場

    取引先に失礼に当たらない開業祝いの金額相場はいくらぐらいでしょうか?安すぎると失礼にあたりますし、あまりにも高価なものは予算の都合上現実的ではないでしょう。適切な金額を決めるのは意外と難しいですよね?

    重要な取引先とそうでもない取引先で、予算が変わるのもまた事実です。では重要な取引先の開業祝いにはいくらぐらいの予算でお祝いを贈ればいいでしょうか?

    目安としては重要な取引先には30,000~50,000円、一般の取引先には10,000~30,000円ほどのお祝いを贈るのが習慣です。

    取引先に贈る胡蝶蘭の色の選び方

    胡蝶蘭はカラーがたくさんあるお花です。一般的には白い胡蝶蘭が贈られることが多いです。色に特別こだわりがない場合には白い胡蝶蘭を贈りましょう。

    では他の色はどんなときに贈るのが良いのかというと、例えばピンクの胡蝶蘭であれば、取引先に女性が多かったり、もしくは自分がピンクを好きであったりする場合に贈られることが多いです。ピンクは可愛らしく、またやわらかい印象が白よりも強いので、白は普通すぎるからピンクにするという方は多いです。また赤リップ胡蝶蘭は紅白カラーなので、開業祝いにはぴったりです。

    取引先に贈る胡蝶蘭の大きさの決め方

    ビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る場合には大輪が好まれます。大きい胡蝶蘭は高級感や豪華さがあるのでお祝いの気持ちをより一層伝えることができます。

    何本立ちで何輪のお花の胡蝶蘭を贈るか決めるのが難しいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。たとえば、重要な取引先に贈るのであれば50,000円くらい予算をかけて、5本立ちもしくは7本立ちで、お花が60輪以上ついた物を選ぶとよいでしょう。

    親しい人の開業を祝う場合

    親しい人に贈る胡蝶蘭のシーン別の金額相場

    取引先に胡蝶蘭を贈る場合と似ていて、特に親しい友人や知人に開業祝いを贈る場合は少し高めの祝い品を贈るのが一般的です。

    特に親しい間柄であるなら10,000円ほど、そうでなければ5,000円ほどが予算の目安です。

    親しい人に贈る胡蝶蘭の色の選び方

    親しい人に贈る場合は、取引先に贈る場合よりも気軽に色を選べるのではないでしょうか?贈り相手の好きな色を選ぶのもいいですし、お店のイメージカラーなどでもいいでしょう。

    胡蝶蘭には白やピンクのような一般的な色以外にも、青や緑など鮮やかなカラーのものも生産されています。企業間のお祝いでは贈りにくくても個人で贈る場合は、細かいことをそこまで気にする必要もないので、青い胡蝶蘭を贈る方もいます。上品で色鮮やかな胡蝶蘭を贈るのも特別感があるのでオススメです。

    親しい人に贈る胡蝶蘭の大きさの決め方

    個人が胡蝶蘭を贈るときに特に気をつけたいのは、贈り先の胡蝶蘭の置くスペースの大きさです。大輪は大きくて素敵ですが、その分スペースをとります。ミディやマイクロであれば、小さいので置き場所に困らないでしょう。特にマイクロは卓上にもおくことができます。

    あなた以外にも開業祝いを 贈る方がいることを考慮するとあまりに大きいものを贈ると、贈られた方も置き場所に困ってしまうかもしれません。そこを考慮して開業祝いを贈ると喜ばれますよ。

    開業祝いの胡蝶蘭を贈る際のマナー

    開業祝いの胡蝶蘭は赤色を避ける

    色にはいろんな意味を持っているというのは皆さんも知っていることだと思います。青にはクール、赤は情熱的などが思い浮かぶのではないでしょうか?

    開業祝いに胡蝶蘭を贈る際に気をつけていただきたいのは、赤色は使ってはいけないということです。鉢のラッピングなどにも赤色を使うのは避けましょう。

    なぜなら、赤は「火事」や「赤字」をイメージする色だからです。開業祝いは、相手の事業がうまくいってほしいという思いを伝えるための1つの方法です。そこでネガティブな印象を持たれかねない赤色のものを贈るのは絶対に避けるべきです。

    開業祝いの胡蝶蘭は奇数の本数を贈る

    お祝いの胡蝶蘭は偶数の本数は避けるべきです。ご祝儀 を包む際にもお札の枚数が偶数にならないように配慮するのと同じです。中国の陰陽思想に由来するもので、偶数は「陽の当たらない陰の数字」であるので、胡蝶蘭を贈る際にも奇数の本数を送るようにしましょう。

    開業祝いの胡蝶蘭を贈るタイミングのマナー

    開業祝いは「開業日」に贈るものです。贈り先に開業日を聞いておきましょう。胡蝶蘭はその開業日に配達されるように手配をしましょう。時間帯も選べる場合があるので、午前や午後など、贈り先の都合のいい時間に届くようにする配慮も喜ばれます。

    贈る先のスペースにも配慮が必要

    胡蝶蘭は決して小さい贈り物ではありません。贈り先の置き場所に対する配慮も忘れないようにしましょう。贈る相手に置き場所があるかどうか聞くことは失礼にはあたりません。むしろ、何も聞かずに大きなお花を送って、置き場所に困らせる方が失礼になってしまいます。

    開業祝いは自分のお祝いの気持ちを相手に気持ちよく受け取ってもらうための1つの方法にすぎません。独りよがりにならないようによく気をつける必要があります。

    開業祝いの胡蝶蘭の立て札の書き方のマナー

    胡蝶蘭は木札を添えるのが一般的です。木札には贈り主の会社名、肩書、代表者の名前を記します。贈り主が複数いる場合は、全員の肩書と名前を記す場合もありますが、木札のスペースには限りがあるので、それは考慮する必要があります。

    木札には「御祝」と赤字で記すのが一般的ではありますが、開業祝いであることを強調する場合には「開業御祝」とするのも良いでしょう。「開業御祝」に変更したい場合にはお花屋さんに要相談です。全てのお花屋さんが対応しているとは限らないからです。

    親しい相手に贈るならメッセージカードもOK

    木札を添えた胡蝶蘭を贈るのが一般的としましたが、親しい間柄で胡蝶蘭を贈るのであれば、木札に加えてメッセージカードを添えるのも喜ばれます。
    木札には「御祝、贈り主の肩書きや名前」などの情報しか書くことはできないので、より気持ちを込めた開業祝いにしたい場合にはメッセージカードを添えましょう。これもお花屋さんによっては対応できない場合があるので、相談してみてください。

    開業祝いの胡蝶蘭を通販で買うのに抵抗があるあなたへ

    24時間いつでも注文できる

    通販であればいつでも注文することができます。お花屋さんに注文しに行くのであれば、お花屋さんが開いている時間に自分で足を運ぶ必要があります。でも通販であれば、都合が合うときにサッと注文することができます。

    簡単に多くの種類を比較して選べる

    通販であればクリックするだけでいろんな種類のお花を即座に見ることができます。 胡蝶蘭などのお花である場合、実店舗にも普段は置いていないので結局写真を注文することになりますし、電話注文でも実物の様子を確認することはできません。その点、通販であれば商品のイメージをその都度確認しながら注文できるのがメリットです。

    翌日発送にも対応可能

    うっかりしていて、開業祝いの準備をせずに、取引先の開業日が明日だったという場合にも安心なのが、通販の翌日発送サービスです。ただし、全ての通販サイトが翌日発送に対応しているわけではないので、要確認です。

    ギフトサービスが充実

    「通販だとサービスがイマイチなんじゃ…?」と心配する必要はありません。ギフトサービスはむしろ充実しています。メッセージカードをつけたり、ラッピングのカラーを選べたりする通販サイトもあります。実店舗に行かずとも、キメ細かいサービスを受けることができるのが通販サイトの強みです。

    Main 02
    胡蝶蘭を贈る際のマナーについて

    胡蝶蘭を贈る際のマナーについて胡蝶蘭を贈る際は、「御祝」などの文言と自身の所属や名前を記入した木札をつけるようにしましょう。他にも、胡蝶蘭の本数やサイズ、胡蝶蘭を贈るタイミングを就任祝いや移転祝い、開店祝いなどのシーンごとに分かりやすくまとめましたので、こちらをご覧ください。

    胡蝶蘭の品質について

    胡蝶蘭の品質当店では質の高い胡蝶蘭をお届けできるよう、農林水産大臣賞や天皇杯、世界らん展ブルーリボン賞など、数々の受賞歴を持つ生産者たちから直送される胡蝶蘭を取り扱っております。胡蝶蘭が並んでいる場所でも一際目を惹くこと間違いないでしょう。品質は、私たちが保証します。

    オプションについて

    オプション鉢に施すラッピングや木札、紙札は全て無料でお贈りしております。

    配送について詳しく見る

    配送日指定なし配送日のご指定が無い場合、お届け日の前日12時までにご注文で1~3営業日以内に発送させていただきます。送料に関して下記の地域以外は無料で対応しております。※北海道、沖縄、九州地方に関しては遠方手数料として一律3,000円(税抜)を頂いております。

    即日配送についてご依頼日当日のお急ぎ便を承る場合は、別途2,000円(税抜)の当日配送料を頂いております。お急ぎ便の可能な地域はこちら東京23区、埼玉県さいたま市、神奈川県横浜市、川崎市、千葉県市川市、船橋市。大阪市。名古屋市。福岡市。※上記以外の地域でも対応できる可能性がありますので、お急ぎの際は03-6869-4411までご連絡ください。可能な限り対応させて頂きます。

    配達時間について午前中、午後12時-18時、午後18時以降のご指定で承っております。時間をご指定希望の方はご注文の際に備考欄へご入力くださいませ。

    送料・遠方手数料について詳しく見る

    送料について
送料は無料です
    北海道、四国、九州、沖縄、離島は別途遠方手数料を頂戴しております。
    また即日配送はエリアを問わず別途+2,000円を頂戴しております』

    遠方手数料について

配送料の関係上、遠方地域 (北海道、四国、九州、沖縄、離島)にお届けの場合は遠方手数料として別途料金を頂いております。
    ・胡蝶蘭(大輪・エレガンス・ミディ) 遠方手数料3,000円(税抜)
    ・観葉植物:遠方手数料3,000円(税抜)
    ・花束・ブーケ:遠方手数料1,000円(税抜)
    ・マイクロ胡蝶蘭:遠方手数料500円(税抜)

    キャンセル・返品・交換について詳しく見る

    キャンセル商品発送前にご連絡くださいませ。商品出荷後のキャンセルは承ることができませんので、ご了承ください。商品のお届けを止めることはできますが、商品代金は全額ご負担いただきます。

    返品配送中の鉢の破損、または弊社の過失による不良品の場合はご返品を当店の送料負担にて承り、商品代金もご返金いたします。お客様都合での場合は、お客様の負担にて承ります。

    交換商品のご到着時に鉢の破損や、弊社の過失による不良品の場合は交換を承っております。商品到着後のトラブルの場合はお受けしかねる場合もありますので、まずはご連絡くださいませ。※返品、交換について、お届け後2日以内にご連絡を頂いた場合のみとさせていただきます。

    現金振込み(前払い)について詳しく見る

    現金振込(前払い)お届け日の前日12:00までに弊社指定以下の銀行口座にお振込を頂く方法です。お振込先みずほ銀行 青山支店普通預金 2458134株式会社BLOOM BROTHERS※お振込手数料につきましては、お客様ご負担でお願いしております。

    クレジットカード払いについて詳しく見る

    ご利用可能のクレジットカードVISA、mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVER がご利用になれます。Credit card

    請求書払い(NP掛け払い)について詳しく見る

    請求書払い(NP掛け払い)法人様に限りご対応しております。
    請求書払いは、株式会社ネットプロテクションズを利用した法人様向けのサービスになります。商品が発送された後に、株式会社ネットプロテクションズより請求書をお客様宛にご郵送いたします。
    法人/個人事業主を対象とした掛け払いサービスです。(月末締め翌月末請求書払い)
    請求書は、株式会社ネットプロテクションズからご購入の翌月第1営業日に発行されます。
    月額最大300万円までお取引可能です。
    請求書に記載されている銀行口座または、コンビニの払込票でお支払いください。
    ※現金振込の際の振込手数料はお客様にてご負担ください。
    請求代行のため代金債権は同社へ譲渡されます。
    Np 02

    HANAMAROのオススメ